名前シールの種類について

防水性を高めるために、フィルムタイプになっている名前シールがあります。また、アイロンの熱で接着できる名前シールもあり、ゼッケンなどに用いられています。

名前シールの有無による日常生活の違い

色々なものを識別しやすいです

名前シールを使うことで、色々なものを識別することが可能です。例えば、幼稚園や小学校など小さな子どもが集まる場所では、名前シールが非常に役に立っています。また、介護や医療の現場など、物の取り違えが重大な事故を招くリスクがある現場でも非常に重宝されています。

手書きやハンコを用いることになります

もし名前シールがなければ、手書きやハンコなどを用いることになるでしょう。手書きだと物の盗難を防げますが、手間がかかるというデメリットがあります。一方、ハンコは手軽でとても便利ですが、洗濯などを繰り返すうちにインクが薄くなっていつの間にか消えてしまうケースも少なくありません。

整理整頓に役立つ

ボタン

名前シールを利用するのは圧倒的にママ世代に多くなっています。子どもの持ち物に貼るために利用することが多いからです。特に入園入学シーズンが近づいてくると、専門業者には依頼が殺到します。登園登校で必要な物に全て名前シールを貼らなくてはいけないからです。以前は手書きだったり、刺繍したりということが一般的でした。しかし、シールなら貼るだけでいいのでとても楽です。しかも、専門業者に頼めば希望どおりの大きさやデザインで作成してくれます。持ち物といっても種類豊富でサイズもそれぞれ違うことでしょう。それぞれに合うようなものを一つ一つ作成してくれる業者を選ぶことがポイントです。これまでの実績や評判などを参考にして適切な業者に依頼しましょう。

手軽なところを利用しよう

印刷機

名前シールを利用することで持ち物などを区別できます。よって、幼稚園児や小学生などに使われることが多くなっているのです。ただし、どこで入手したらいいのか悩んでしまう人もいることでしょう。インターネットで検索したり、ママ友ネットワークを利用したりして入手先を吟味することをおすすめします。この手の業者は最近とても増えてきているので、すぐに見つけられるはずです。その中でも手軽なところを利用しましょう。ネット注文できるととても楽です。

専門業者を利用する

名前シール

幼稚園入園や小学校入学などの変わり目には、親御さんがとても大変な思いをすることがあります。持ち物全てに名前を記載しなくてはいけないからです。その手間が惜しくて名前シールを利用するという家庭が増えてきています。デパートなどの大型店で売られていることもありますが、名前が一般的ではないとなかなか市販のものを利用することはできません。できれば専門業者に作成してもらうことをおすすめします。専門業者ならフルネームで印刷してくれるので便利です。

広告募集中